女性

posシステムをより便利に使用するために|ipadも対応している

販売情報管理を合理化する

レジスター

売上情報を瞬時に記録する

小売業において経営方針を立てるうえで重要なのが、販売実績に関するデータです。単に売上金額や個数のみならず、いつ頃、どういう状況で売れたのかを把握した情報は今後の事業運営にとって重要な基礎資料となります。販売情報の管理といえば以前は1日あるいは1週間など一定期間ごとの売上伝票を集計するなどして手作業で行うのが一般的でしたが、現在ではPOSシステムを導入するところが増えてきています。POSとはPoint Of Salesの略で、販売情報を売り上げがあった都度その場で記録・管理することをいいます。データはレジを通すだけで自動的に収録されるため、別途に集計作業を行う手間を省くことができるというメリットがあります。

個人商店でも導入可能に

POSは1970年代ごろから導入がはじまった情報管理システムで、当初はスーパーマーケットチェーンなどを中心に普及が進みました。現在ではコンビニエンスストアやドラッグストアなどのほか、クリーニング店や美容院などのサービス業の分野においても広く利用されています。POSの普及が進んできた背景には、その利便性の高さと同時に装置の小型化・低価格化があります。従来はシステムの構築に多額の費用がかかっていたので大型チェーン店など限られた店舗しか導入できませんでしたが、現在では簡易なシステムが安価で手に入ります。基本的な構成は中枢部であるPOSレジとバーコードスキャナなどの読み取り装置からなっていて、大きさもパソコン程度のサイズです。そのため小さな個人商店などでも手軽に導入できるとして人気を呼んでいます。